ジムについて

伊東から世界へ!-日本プロボクシング協会へ加盟

kaicho-pic

こんにちは。伊豆ボクシングジム会長の山口です。
当ジムはお陰様でリニューアルオープンから2年が過ぎ、その間にたくさんの方々に入会いただき毎日多くの会員さんが楽しそうに体を動かしていただいています。

当ジムの看板等には“三日坊主歓迎”という言葉があります。これは決して三日坊主を進めるわけでは無く、例え三日だろうが始める事が重要だと私は思うのです。
続ける事はもちろん大切な事ですがその為にはまず始めるという第一歩を踏み出さなければなりません。
いつまでも始めの一歩を踏み出せない人が始めた人を笑えるでしょうか?まずやってみてその先に何があるのかは、その時考えてみてはどうでしょうか。

皆様が考えている程ボクシングは危険で野蛮なものでも無いと私は思います。もちろんみんな最初は素人です。お気軽にジムにおこしください。

皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしています。

元東洋太平洋ウェルター級王者 会長 山口裕司

 

会長 山口裕司プロフィール

小学生時代からボクシングを始め、沼津学園(現飛龍高校)時代に全国選抜大会ライト級優勝。
日本大学在学時の1999年全日本選手権ライトウェルター級で優勝。
シドニーオリンピックアジア最終予選に出場するなどの活躍後、
2001年6月に6回戦デビュー。2006年に東洋タイトル獲得。
2008年に日本タイトル挑戦など、長年プロの一線級で活躍。2011年引退
その後ジムの会長になる為にトレーナー修行をして、2013年伊豆ボクシングジムの会長に就任。
現在に至る。

Copyright(c) 2017 伊東から世界へ!伊豆ボクシングジム(公式ページ) All Rights Reserved.